MENU

"九死に一生"を得た如意与発見者

ここでは、如意?を開発した人と、その経緯について垂トみたいと思います。

 

その人は広島県の佐伯さんで、縁あって中国に伝えられてきた"手づくり"の健康食品を発見し、その普及をするために大きな努力をしてきたのです。

 

推奨健康食品:ヴィトックスαの口コミ&最安値販売店!楽天Amazon購入は公式より損!?

 

佐伯さんは生来、健康なからだではなく、いろいろな病気持ちで、死線をさまようようなこともしばしばでした。

 

ところが、死線を脱することができたのち、台湾を訪問された際に、より健康になるためのヒントを天から授けられたのです。

 

それがきっかけで、ぐんぐん健康になっていく自分自身のからだに自信を持ち、如意与の開発と普及を決心したというのですから,もし佐伯さんが健康体であったら、あとでご登場いただく多くの人々の喜びの体験談はなかったはずです。

 

九死という試練を乗り越えて一生を得た、佐伯さんの不思議な運命に、私は大いなる関心を抱きました。

 

そして、佐伯さんがたまたま広島から上京されたある日、有楽町の小さな喫茶店で1時間あまりお話を伺うことができたのです。

 

私自身,十数年前に十二指腸かいようを患った経験があるのですが、佐伯さんのお話を聞きながら、人それぞれ、病気の回復の過程は異なってはい !
ても、発病という"悪"の現象が,実はより大きな"善"を成すための布石と考えられるところに人生の妙があり,ひいては歴史の中の摂理を直観する機縁になるのではないかと考えさせられたものです。

 

ともあれ、佐伯さん自身の言葉で、その不思議な運命を再録させていただくことにしましょう。

 

もう2十年も前になりますが、私は四十歳くらいの時から、十二指腸かいようと診断されて,食事は何を食べてもうずくようでサッパリ進みませんでした。

 

特にカレーライスのような刺激物や油の多いテンブラ、中華料理、コーヒーなどは、まったくといっていいほど受けつけず、人生に対して楽しみも希望もない日々を送っていたのです。

 

そんなある日、激しい吐血をしたのです。

 

ちょうど洗面器一杯くらいに、コーヒーかすのような血でした。

 

当時、岩国の錦帯橋の近くに住んでいましたが、小野村先生という名医のおかげで、回復も間近と油断していたところ、無理な労働が重なったためか、今度は公園のほとりで赤黒い血のかたまりを吐き、意識がなくなり、昏倒してしまったのです。

 

それから何時間経過したのかわかりません。

 

夕暮れが迫っていたから、四時間くらいは経っていたのでしょうか……。

 

人に助けられて車に乗せられて。

 

車の中も血の海です。

 

外を見ても黄土色一色といった感じで、ボーッとして何も見えないのです。

 

そして、どうにか家に辿りついた瞬間に、また洗面器1杯の鮮血を吐いてしまったんです。

 

当時は医師も「まず駄目だろう」ということでした。

 

しかし,天は私の幽界入りを拒み、昏睡七日目にして私は奇跡的に目覚め、小野村先生も"九死に一生の蘇生だ と驚かれたそうです。

 

それからの私は、良いといわれることはすべて実行し、作業につとめ、今にも崩れ落ちそうなからだをいたわりながら数年を耐えて生きてきたのですtaど前から 外〈も事業の関係でポッポッ出かけるようになり、訪台した時にたまたま土|産品として入手したのが-喜万寿」、つまり如意?の前身だったのです。

 

そして、このにんにくエキスを飲んで以来、まったく自分でも信じられないほどの元気を回復しました。

 

その後自分のからだで人体実験を繰り返しながら今日に至っています。

 

胃も切開することなく完治し、人間ドックの検査でも痕跡は認めるが異常なしという結果が出ました。

 

それどころか、年齢より一五歳も若い健康体であるといわれて、いまでは如彦に感謝をこめて、広く普及することを願っているのです......吐血はかなりひどいものだったのでしょう。

 

名医が絶望したくらいということですから,ほどの状態であったことが想像されます。

 

話を終えた佐伯さんが,おいしそうにコーヒーをすすった顔が今でも思い浮かびます。

 

二 年前はコーヒーすら飲めないからだだったのですから……とにかく九死に一生を得た佐伯さんの前途には、病気に苦しむ人たちを一日も早く対策することのできる"健康食品“との出会いが待ち受けていたと考えられるのです。

 

そして、運命の訪台があり、その時に発見した"エキス"が、現実に佐伯さんの重病を治してしまったのです。

 

このエキスが、やがて如意与の名称になるまでには、いくつかのプロセスを経てきています。

 

昭和五一年に"ピン"の名称で新発売されたものは、食べるとすぐ反応が現われてきて,文字通り、からだ中にピンピンと活力がみなぎるところから名づけられました。

 

また、ピンからキリ、までのピン、つまり最高のものという意味合いもあったようです。

 

その後、ただの"ピン"では「品が悪い」という声などもあり、"如意PI"と改められたのです。

 

現在の"如意与"は、名称が変わっただけではありません。

 

これには外糖衣にエキスを特殊加工してあり、急速かつ多量に血液へ栄養分を補給することができるようになっています。

 

それと同時に、造血器管の機能の改善も行ないます。

 

如意与の速効性と広範囲な効能の秘訣は、実にこのような作用によるものだったのです。

 

如意?は男性用ですが、女性用には如意姫があります。

 

いずれも高濃度の短時間型で、持続時間は約四時間くらいです。

 

ただ注意しなければならないのは, コップ1杯以上の水で飲む必要があるということです。

 

水が少なかったり、ツバで飲み込んでしまったのでは,効果も半減してしまいます。

 

何度もいうように、如意与の最大の特徴は、いくら長期間連用しても臭いが出ないということです。

 

また、一般的には自然食品や健康食品は遅効性であるといわれているために、如意?には何が速効性をうながすための化学薬品でも入っているのではないかとの疑問を持つ方もいるようですが、その点、如意?には余分なものは一切含んでおらず,まったく安心できる製品です。

 

体質によっては、如意?の飲用によって下痢症状になる場合がありますが、これも心配はいりません。

 

逆に大変喜ぶべき反応現象で、もしその便が体内にあれば、どのくらい不健康をもたらしているか想像できようというものです。

 

便は出すべきもので、下痢であることは至急に便を体外へ出してしまいたいというその人の本能(自然治ゆカ)の高まりを示すものといえるのです。

 

こうした下痢や大量の排便は反応の中で最も楽な現象で,ごく稀に、しっしんの形で出てくる!
場合もあります。

 

特に薬害を多く受けている人たちは、薬疹という形で、からだの各所に現われることもあります。

 

そのしっしんにしても、内臓に出たことを考えれば、体外に出して治してしまえばよいのですから、しっしんもまた、喜ぶべき現象といっていいでしょう。

 

東洋医学ではこのような現象を"めんけん"といって、「めんけんせざれば、病いえず」という言葉があるくらいです。

 

これは、反応現象が早く現われれば早いほど、早く対策するということをいったものです。

 

いずれにしても、このような反応現象は副作用ではないのです。

 

袈?に副作用はないのですから、安心して飲めることだけは確実です。